2010年1月31日日曜日

Inkscapeで矢印付きの曲線を描く

Inkscapeではベジエ曲線の始点、終点、中間部分に適切な方向を向いた矢印を付けることが出来ますが、この中間部分の矢印が個人的にはありがた迷惑な感じで、一つでいいのにたくさんの矢印がついてきます。しかも曲線を変形させると増殖したりするし。あまりに多いと品がないので、いつか矢印の数を調整出来る仕様にして欲しいものです。
そんな訳で、中間部分に1つだけ矢印の付いた曲線を書く手段を探していました。んで思いついたのが曲線をまず描いておき、それをひたすらトレースして2つの曲線に分けるというもの。とりあえず見た目には満足してますが、だれかいい知恵をお持ちではないでしょうか。

行ってきました。

行ってきました。2010 1/29 (Fri) Camera Obscura at 新代田FEVER。
Webページに何か新代田駅から徒歩10秒って書いてた気がしたのですが、ホントに近かった。
今までポップパンクとかちょっと激しめのバンドのライブにしか行ったことなかったので、客層の幅広さに驚きました。白髪交じりの方から、会社帰りのサラリーマンっぽい人、家に篭もってスウェディッシュポップとかばっかり聴いてそうで、まわりと音楽の趣味が合わなくて一人で見にきちゃった的な女の子(偏見)とか、七三分けの方とか落ち武者スタイルの方とか、髪型だけでもバリエーションがすごかったです。特に、マッシュルーム頭率が高いと思いました。マッシュルームに黒ぶちメガネ、ボーダーシャツにカーディガン的な、何かのお手本のような方もちらほら。あと、外人さんも多かったように思います。となりにいた外人さんはCamera Obscuraの演奏が始まるまで一点を凝視して微動だにしてませんでした。

前座(対バン?)はORGE YOU ASSHOLEとフルカワミキさんでした。どちらも前知識が何もない状態でしたが、ORGE~の演奏の終盤には自然と体が動いてしまっていました。終盤の曲は好みだったので、物販で購入させていただきました。これから聞き込もうと思います。フルカワミキさんはバンドメンバーが申酉犬の面で扮装してましたが、猿(?)がコアラにしか見えんかった。
こういう音楽性のバンドのライブはいつもそうなのかわかりませんが、客が動かんね。ORGE~とか最後はノリのいい曲を畳み掛けてきたのに反応薄かったように思います。フルカワミキさんの出番ではさらに動かず。
しかし、前日のライブを見た方のブログを拝見すると、ハードコア系バンドの出番で流血騒ぎがあったらしい。恐っ。
話は変わりますが、自分が今まで見たライブで一番楽しかったのはNumber Girlのライブでした。MCが面白くて、ライブでしか感じられない何かがあったし、前列でもみくちゃにされながら、飛び跳ねて、合唱して、酸欠で死にそうになって、楽しかったなー。もう年齢的にムリですが。

前置きが長くなりましたが、Camera Obscuraは……夢見心地で見てたのであんまり覚えていません。MCでも似たようなことを言っていたように思うのですが、ホントにテレビとかプロモーションビデオを見ているような非現実感にはまり込んでしまいました。「Let's Get Out Of This Country」と「My Maudlin Career」からの楽曲が多かったと記憶しています。初めの数曲はハウリングや音割れが起こってて聴き辛かったように思います。楽曲の雰囲気はCDのものがまさに再現されていて、特に生ホーンがきちんと入っているのがうれしかったです。自分はホーンを演奏しているメンバーの方が見えない位置にいたのですが、確か"Honey In The Sun"("If Looks Could Kill"だったかも)で、ホーンの人が要所要所でシンバルを叩きまくっているところだけが視界に入り、それが印象に残っています。この人は元正式メンバーらしいですね。
Vo.のTracyanne Campbellはドレス姿でcuteでしたが、二の腕が逞しかったです。
演奏後にサイン会があり、メンバー全員と握手をしてサインを入れてもらったのですが、何も気の利いたことを話しかけることが出来ませんでした。ひたすらサンキューサンキューを繰り返すのみ。間近に見ると印象がまた違って、Tracyはデカい印象があったのですが、頭がちっちゃくてかわいかったです。しかし薄毛率の高いバンドですね。

ということで、"Honey In The Sun"のビデオです。


ついでに"If Looks Could Kill"のビデオです。

2010年1月29日金曜日

Camera Obscura 来日

最近めっきりCDを買うことが少なくなったので、最後にライブに行ったのも何年前か思い出せないような状況ですが、久々にライブを見たいと思うバンドに出会いました。
ということで、本日のCamera Obscuraのライブに参加してきます。
やはり海外アーティストは見たいと思ったときに行っておかないとダメですね。何年か前にMaritimeの来日公演をスルーしてしまったのが非常に悔やまれたので、今回は思い切って飛行機に乗っかって行きます。

そんなわけで、Camera Obscuraの現時点での新作「My Maudlin Career」から"French Navy"です。



自分は「Let's Get Out Of This Country」から聴き始めたにわかファンなので、このアルバムからの選曲が多いとうれしいな。ということで"Let's Get Out Of This Country"も張り付けておきます。

2010年1月23日土曜日

可測関数

柴田さんの「ルベーグ積分論」は証明が細かそうだし、多変数の場合の微分についても詳しそうだし、何より最近の本だったので購入したのですが、ルベーグの収束定理まで読んでみてあまり私のような初学者には向かない本なのかもしれないと思いました。

積分する際に、被積分関数が可測であるのかの確認に加え、考えている集合上でその関数がwell-definedかどうかということに無頓着なきらいがあります。この辺りを読者にあまり気にさせたくないのならば、ほとんど至る所等しい関数に関して同値関係を入れるなどの記述を早めにして、ある関数に対してほとんど至る所等しい関数で、しかも考えている集合上でwell-definedな可測関数があれば、その関数の積分はwell-definedな方の関数の積分の値によって定義してしまう、などとするべきだと思います。

これは関数値に無限大を許した他の本(伊藤清三氏「ルベーグ積分入門」や吉田耕作氏「測度と積分」など)にも言えることで、可測関数の項目では可測関数同士の和や差や積の可測性を慎重に取り扱っていても、積分のところではwell-definedかどうかも怪しい関数の積分もあまり気にせず取り扱っているように思います。

個人的にはクドくなっても、毎回積分されようとしている関数が可測関数であることを確認してくれるとありがたいです。そこは細部を気にしすぎると議論の本質を見失わせるので、各自で確認してくれということなのでしょうが。

此処まで書いてみてふと頭をよぎったのですが、関数値に無限大を許したのは特異な挙動をする点のことをあまり気にせずに一般論を展開するためのはずで、上のような方法で積分を定義しようと思うと、積分したい関数のill-definedな点を一々確認する必要が出てきて煩わしいのかもしれません。

しかし可測関数の実数乗が可測関数かどうかの証明が見当たらないのに、ヘルダーの不等式の証明が載っているのは何故だろう。

追記:2011/05/22
著者のHPに補足と修正のpdfが掲載されていました。「ENTER」→「WORKS」最下部の専門書のところです。
積分可能な可測関数はほとんど至るところ有限値をとるため、$\lvert f(x)\rvert =\infty$ なる$x$に対して $f(x)=0$ となるように関数値を修正し、至るところ有限値の関数にして考えるとのことです。可積分な可測関数全体の集合$L(X, \mathscr{M}, \mu)$ にほとんど至るところ等しい関数についての同値関係を定義して、その商集合を考えるとありました。これで $L(X, \mathscr{M}, \mu)$ を$\mathbb{R}$ 上のベクトル空間と考えることができます。
pdfの日付を見ると随分前に既に修正されていた模様です。