2011年9月28日水曜日

Adonit Jot 到着

Adonitから月曜に発送メールがあり、到着は1〜2週間先かなと思っていたら、本日到着しました。
デザインの良さと質感、書き易さとも自分の所有している他の5本のスタイラスの比ではないです。
書いている部分をしっかり視認出来るところがそう感じさせているのだと思われます。

手にする前はDagi p504と似た感じかと思っていましたが、精度も書きやすさも段違いでした。
Dagiのほうは先端のdiscにバネが付いているため、自分では画面からペンを離したつもりでも、バネの弾性によりdiscが画面からしっかり離れておらず、意図しない線を引きずることが多いのですが、Jotはdiscが自由に動くのでそのようなことが起こりません。

これが本格的に売りだされれば、他のスタイラスは売れなくなってしまうのではないでしょうか。
自分にとってはもう他のスタイラスの出番は無くなってしまいそうです。

パッケージも非常にかっこ良く、開けるのが躊躇われました。下はKickstarterのページで公開されている画像です。ただ最初は開け方がよくわからずに困りました。



Kickstarterのページで先端のdiscについての問題点が色々挙げられていました(discが分離する、グレアのカバーに吸着するなど)が、替えのdiscも同梱されていました。Kickstarterのページの更新されたメッセージを読むと、替えのdiscは問題点が改善されているようです。
現在ははじめから付いているdiscを使っているのですが、グレアタイプのカバーに吸着する感じはあるように思われます。カバーをマットタイプのものに変更したほうがよいかもです。

私が予約をしたときには4週間待ちで実際は5週間程待たされましたが、Kickstarterの出資者に配送をしていたためで、現在注文するともっと早くの到着を見込めるようです。

これでipadでノートを取ることも出来るかもしれないと思えるようになってきました。
Bamboo PaperやPen Ultimateなどの拡大機能を使わない手書きアプリでは、ノートの罫線に収まる細かい文字をしっかり書くことが出来ます。NoteshelfやUpadなどでは、拡大機能を使わなくとも細かい文字が書けますが、Bamboo Paperなどに比べて反応が悪いようで、早く書くと認識されないこともしばしばです。
もう少し使い込んでみたいと思います。

Jotのreview動画もYouTubeで出始めているようです。







No More Finger Painting!

2011年9月25日日曜日

texlive 2011のdvipdfmxで用紙サイズが変

texlive 2011に追加日本語化パッチを当てたものをコンパイルして使っています。
dvipdfmxでpdfファイルを作成すると、ドキュメントクラスのオプションで指定しているはずの用紙サイズが反映されていないことに気づきました。ドキュメントクラスはjsbookを使っています。解決策は、オプションにpapersizeを追加するだけです。つまり

\documentclass[papersize,a4paper,11pt]{jsbook}

と記述しておけば用紙サイズがきちんと反映されます。

2011年9月12日月曜日

Soundtrack from Sad Song For Ugly Daughter

音源が欲しい。ライブ会場に行けないので通販で売ってくれないかな。

2011年9月2日金曜日

ノート購入

最近文房具店などでノートを購入するのにハマっています。

普段気兼ねなく利用出来るのは無印良品の上質紙を使ったA5サイズノートです。
ファミリーマートで購入出来るので手に入れやすいところも良いです。今は複素関数論の復習ノートに使っています。

Lie群の勉強ノートにはzequenzのA5版の薄めのものを使っています。以前厚めのものを購入したのですが、はじめの方のページが書きづらかったためほとんど使っていません。
このノートは360°折り返して使えるのが売りなのですが、売り場見本が無残にバラけているところを見たことがあります。

この間ロフトに立ち寄ったとき、daycraftのsignature notebookを見た目で衝動買いしてしまいました。daycraftのwebページでは表紙が革で硬そうに見えるのですが、実物はプニプニしています。

今現在ルベーグ積分の勉強ノート3冊目にmaruman cover note A5のカバー無しを使っていますが、無印のノートより書き心地がよかったです。しかしコストは3倍近くかかります。

また数ヶ月前にLettsのNoteletts ロフトコラボレーションモデル(イギリス国旗が表紙のもの)を一冊購入したのですが、200ページくらいあってまだ用途が決まっていません。今のところ関数解析と偏微分方程式論の勉強ノートにしようと考えていますが、厚すぎて持ち歩きに不便かもです。関数解析や偏微分方程式の本ってただでさえ厚いものが多いですし。

今のところノートについては浮気をしまくりで定まったものを使っていません。これからもいろいろ試してみたいと思います。

ちなみに、ペンはuni-ball signo 極細0.38mmがおすすめです。ここ数年はこのペンに落ち着いていて、無くなると数箱まとめ買いをしています。