2013年3月30日土曜日

Piazzollaのトロイロ組曲, GismontiのAgua e vinhoその他

アサド兄弟がトロイロ組曲のbandneon, whiskyを演奏している映像があったので貼付けておきます。





ジスモンチという人については殆ど知らないのですが、アサド兄弟のアルバムにあった曲がよいので探してみました。









全然関係ないですが、Toro y Moiが今更ながら気になったのでPVを貼付けておきます。

mdframed.styで定理環境を装飾する

追記:2016/05/21 定理環境をmdframed.styからtcolorbox.styに変更しました

LaTeXにおいて定理環境を枠で囲む方法は色々あるようですが、最近はthmtools.styを使っていました。ただ、枠線が通常の定理環境の外側に引かれるらしく、overfull \hboxの警告が大量に出ることや、定理環境がページを跨ぐことが出来ずレイアウトが大きく崩れることがあるのが気になっていました。

最近mdframed.styなるパッケージがあることを知り、少しずつ試していたものの、pstrickやtikzを使って描画するオプションをつけるとエラーが発生して使い物にならないためしばらく放置していました。どうやらpdftexを使ってタイプセットすることを前提としている節があり、日本語platex環境ではdefaultのオプション以外は使えないようです。

今現在試している自分の設定を晒しておきます。mdframed.styはMacTeX2012やTeXLive2012には標準で含まれているはずです。プリアンブルに以下を記述しておきます。

\usepackage{amsthm}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{mdframed} %複数ページをまたぐフレーム
\theoremstyle{definition}
\mdfdefinestyle{theoremstyle}{%
linecolor=gray!40,linewidth=.5pt,%
backgroundcolor=gray!10,
skipabove=8pt,
skipbelow=5pt,
innerleftmargin=7pt,
innerrightmargin=7pt,
frametitlerule=true,%
frametitlerulewidth=.5pt,
frametitlebackgroundcolor=gray!15,
frametitleaboveskip=0pt,
frametitlebelowskip=0pt,
innertopmargin=.4\baselineskip,
innerbottommargin=.4\baselineskip,
shadow=true,shadowsize=3pt,shadowcolor=black!20,
theoremseparator={.},
}
\mdtheorem[style=theoremstyle]{defi}{$\blacklozenge$定義}[chapter]
\mdtheorem[style=theoremstyle]{prop}[defi]{$\blacklozenge$命題}
\mdtheorem[style=theoremstyle]{theo}[defi]{$\blacklozenge$定理}
\mdtheorem[style=theoremstyle]{lem}[defi]{$\blacklozenge$補題}
\mdtheorem[style=theoremstyle]{coro}[defi]{$\blacklozenge$系}
\mdtheorem[style=theoremstyle]{axiom}[defi]{$\blacklozenge$公理}

見た目は次のようになります。陰が無いと少し寂しい感じになるのでつけてみました。
しかしページを跨ぐときにも陰がついてしまうのが困り者です。


うーん。これじゃない感が払拭出来ませんが、thmtoolsのときよりはマシになったかも。ちなみにoverfull \hboxの警告は少なくなったものの、bad breakというmdframedの警告が大量に出るようになりました。

2013年3月23日土曜日

線形位相空間のお勉強2

Trevesの超関数の本のノートを更新しました。こちらに置いてあります。
2013/0610追記:ノートを更新したため,旧版の公開を取りやめました.
新しいノートはこちらから.

2014/05/11:追記 最新版のノートは,ラベルの「勉強ノート」をクリックして投稿を表示してみてください.

変更点はおおよそ次の通り。

第1章第6節のノートを追加。
近傍フィルターなどの記号を変更。
超フィルターを使ったTikhonov(Tychonoff)の定理の証明など。
部分集合上のフィルターの収束、集積点の定義を追加など。

Trevesの本では、部分集合上のフィルターの収束などに関して明確な定義が書いてなかったので補いました。昔に読んだときには、この辺りからもやもやし始めて力尽きたのではないかと思います。原著ではコンパクト性の定義にHausdorff性を仮定していたりして気持ちが悪いので、その部分は書き直しました。昔に作ったノートを参考にしていましたが、勘違いがかなり多く、過去の自分は信用なりません。

2013年3月20日水曜日

にんじゃりばんばん

きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「にんじゃりばんばん」のPVが公開されていたみたいです。
楽曲は海外でのライブ映像がYouTubeで視聴出来るのでよく聴いていましたが、今回のPVは少し物足りない気がします。
振り付けで一番印象的な部分がPVにほとんど反映されていないからです。
少なくともバックダンサーはCGで置き換えるべきではなかったんじゃないかな。


0:45あたりの振り付けが印象的でいいと思うのですがどうでしょう。

PVも貼付けておきます。再生回数が既に500万回を超えている…。

2013年3月8日金曜日

Astor Piazzolla タンゴ組曲その他の動画


ピアソラのタンゴ組曲といえば、アサド兄弟のために作曲され、演奏も決定版はアサド兄弟によるものですが、他にもいくつか良いものを見つけたので貼付けておきます。





結局アサド兄弟の演奏に似たのが良いと感じてしまうようです。


AA印の悲しみも大好きな曲の1つですが、個人的には原曲に近いほうが好みです。


モサリーニさんのバンドの演奏もよいです。8:00辺りのパートで胸を抉られるような気分になります。
自分の葬式とかでかけて欲しい曲ですね。

1997年にピアソラ没後5周年企画で、ピアソラの全てという番組がNHKで放送されました。
私は当時ピアソラのことを全く知らず、メタラーだったのですが、この番組を見て魅了されてしまった記憶があります。

トロイロ組曲からzitaという曲です。トロイロ組曲ではescolasoという曲が好きなのですが、アサド兄弟以外の演奏で好みのものが見つからなかったのでこの辺で。


2013年3月7日木曜日

きゃりーぱみゅぱみゅにハマりそう

いい年こいたオッサンですが、ハマりそうです。
特にシングルのカップリングになっている曲に80年代的なちょっと切ない雰囲気の曲があって良いです。
「ピンポンがなんない」と「100%の自分に」なんか良いですね。
「Cherry Bon Bon」も良いです。


何回見ても2:30あたりでバックダンサーの子供が白目剥いて踊っているのが気になって仕方がない…





他には、少し前にCD買ったままほとんど聴いていなかったMemory TapesのGracd/Confusionにハマっています。


後はGold Motelというバンドも最近知ったのですが、今出ている2枚のアルバムとも非常にクオリティーが高いのでおすすめです。